フェリチン不足ナビ|低い数値を基準値に戻すための食事とサプリ

はじめに

 フェリチン不足ナビでは、フェリチンが基準値を満たしていないと起こる様々な症状の原因と、鉄分を多く含む食材や献立について詳しく説明しています。
 現代人に多いフェリチン不足をわかりやすく解説していきますので、「フェリチン不足かも?」と感じている方はぜひ参考になさって下さい!


フェリチンって何?

フェリチンは鉄の貯蔵庫

 フェリチンとは、人間の身体を構成する水溶性のたんぱく質の一種です。 内部に鉄分を貯めることができるため、「貯蔵鉄」 「第二の鉄」などとも呼ばれますが、正確には貯蔵鉄と結合しているたんぱく質のことになります。
 主に、肝臓、脾臓のような臓器や骨髄、小腸粘膜など、細胞内に存在する物質ですが、血液中にも少し存在しています。


フェリチン不足ってどういう状況?

 さて、そんな鉄を貯めるフェリチンが不足が起こる時、体内はどういう状況になっているのでしょうか?

 上にも書いた通り、フェリチンは体内に鉄を貯めているいわば貯蔵庫
それに対して、鉄不足や貧血と言うと、多くの人が真っ先に思い浮かべるヘモグロビンは、酸素を身体の隅々まで運ぶという、生命維持に欠かせない役割を持った細胞です。ヘモグロビンも鉄が無いと、酸素を運ぶことが出来ないため、鉄を持ち歩いています。

 体内に取り込まれた鉄は、優先的にヘモグロビンの方に回され、余ったものがフェリチンに蓄えられる形になります。

 ただし、出血や鉄不足の時は、フェリチンに蓄えた鉄から使うことになるため、ヘモグロビンの鉄より、フェリチンの鉄の方が先に無くなってしまうんです。
そのまま必要な鉄分を補わずに、倉庫から出して使う一方だと、どんどん鉄の貯蔵量が減り、フェリチン不足に陥ると考えるとわかりやすいでしょう。

フェリチン不足の状況

 ですから、ヘモグロビンの数値が正常でも、フェリチンの数値が低かった、ということが起こるんですね。

フェリチンの基準値は?フェリチン値の検査方法は?
 フェリチンの測定法にはいくつか方法があり、それぞれ基準値が違います。
また、検査機関や医療機関によっても、正常とされる値が若干異なっています。
血清フェリチンの測定法としてよく用いられるのは、RIA法と金コロイド凝集法です。
RIA法なら
  • 男性20〜220ng/ml
  • 女性10〜85ng/ml
金コロイド凝集法なら
  • 男性40〜100ng/ml
  • 女性20〜70ng/ml
程度を正常値として設定している施設が多いようです。
数値が基準より下回っている場合は貧血、上回っている場合は悪性腫瘍が疑われます。

フェリチン不足で起こる症状と病気
 フェリチンが不足しているということは、鉄が欠乏している状態です。
鉄不足が引き起こす症状と言うと貧血くらいしか思い浮かばないという人が多いかもしれませんが、実は、鉄はもっと様々な影響を私たちの身体に及ぼしています。
 鉄は、細胞を作るために不可欠な物質ですから、鉄が足りなくなると新しい細胞が作られなくなってしまいます。
例えば、肌荒れの症状が出るのもそのためです。

うまく新しい細胞に入れ替わることができないため、いつまでも荒れた状態が目立ってしまいます。
 また、細胞の生まれ変わりが正常に行われないのは何も皮膚表面だけの問題ではありません。
免疫細胞の数が減少したり、脳内のセロトニンやドーパミンのような神経伝達物質が不足したりといった深刻な影響が全身に表れます。
つまり、貧血だけでなく、

様々な体調不良

  • 肌荒れ
  • 睡眠障害
  • うつ
  • 慢性化している疲労感
  • 長引く風邪
なども鉄分不足の影響と考えられるんですね。
このように、鉄を貯蔵する役割を果たす「フェリチン」の不足は、全身に影響を与えます。

ためしてガッテンでも紹介された「新型鉄分不足」
 上記に挙げた症状は、「ためしてガッテン」でも紹介されていました!
「ためしてガッテン」で紹介されていた内容は「新型鉄分不足」
これまで鉄分不足が原因とは考えられていなかった症状の多くが、実は鉄分不足の影響によるものであったということと、ヘモグロビン以外にもっと重要な鉄分不足を示す「フェリチン値」という指標があったという意味で「新型」と名付けられていました。
フェリチン不足が女性に多い理由
女性に多いフェリチン不足 女性にフェリチン不足が多いのは、男性よりも鉄を多く必要とするのに、貯蔵鉄の量が少ないからです。
 女性には生理があり、その際の出血で大量の鉄分が失われます。この時に失われた鉄分を補うのは、決して容易ではありません。
しかし、鉄を貯蔵するフェリチンの量が、女性は男性に比べて少ないため、身体に必要な鉄分を食事で常に補うようにしなければならず、女性は男性よりも5〜7mgほど多くの鉄分を食事から摂取する必要があります。

 具体的には、男性の1日の鉄分摂取量が10mgであれば、女性は15mg程度の量を毎日摂らなければならない計算になります。しかし、この量を普段の食事で摂るのはかなり難しいため、知らない間に鉄欠乏性貧血に陥っている女性が多いんです。

実際にフェリチンを増やす方法は!?

 さて、 フェリチン不足の仕組みがわかったとことろで、一番知りたい、
「フェリチンを増やす方法」
について紹介していきます!

 

鉄分を摂ろう

 フェリチンを増やす方法として、まず、鉄分を多く含む食べ物を食事に取り入れることが重要であることはわかりますよね。

しかし、ただ闇雲に鉄分の多そうな食材を選んで食べていたのでは効率的ではありません。
摂った鉄分が身体に吸収されなければ意味がないからです。

 

 鉄分を体に取り込むためには、鉄分の多い食べ物を食べると言うだけでなく、下記の3つのポイントが大事になっていきます。

身体に吸収されやすい形の鉄分を含んだ食べ物を食べること
鉄分の吸収を助ける食べ物を同時に摂取することと
鉄分の吸収を阻害する食べ物を摂らないようにすること

 

フェリチン不足を補う食事療法

 では、上記の3つのポイントを踏まえた食事とはどんな食事なのでしょうか?

 

身体に吸収されやすい形の鉄分を含んだ食べ物

 動物性の食品に含まれるヘム鉄と、植物性の食品に含まれる非ヘム鉄では、吸収率が大きく違います。

ヘム鉄の吸収率 23〜28% レバー・しじみやあさりなどの貝類・かつおなど
非ヘム鉄の吸収率 1〜5% プルーン、きな粉、ココア、ひじきなど

 実は、鉄分が多いと言われているプルーンであっても、含まれているのは非ヘム鉄ですから、レバーや貝類のヘム鉄と比較すると、吸収率では劣っています。
ですから、効率よく摂取するならヘム鉄を多く含む食材を選んで摂取した方がよいと考えられます。

 

 しかし、鉄分は、一度に吸収される量が限られているので一度に大量に摂ってもむだになってしまいます。毎食少しずつ鉄分を摂るように心がけることが大事です。

鉄分の吸収を助ける食べ物
鉄分の吸収を助ける栄養素 たんぱく質・ビタミンC・ビタミンB群など
鉄分の吸収を助ける食べ物 レモン、オレンジ、いちごなど

 中でもレモンは鉄の吸収率を2倍に引き上げるためお勧めです。

鉄分の吸収を阻害する食べ物
鉄分の吸収を阻害する栄養素 タンニン・カルシウム・炭酸・食物繊維など
鉄分の吸収を阻害する食べ物・飲み物 コーヒー・緑茶・紅茶・牛乳・炭酸飲料など

 上記のような食材には鉄分の吸収を阻害する働きがありますが、食事時間とずらして飲むようにすれば鉄分の吸収に影響を与えずに済みます。

フェリチン不足を補うサプリを活用しよう!

 さて、ここまで鉄分を摂るための食材を説明してきましたが、

 

「食事だけでは十分な鉄分が摂れそうにない…」
「毎日鉄分のことを考えた食生活をするのは大変…!」

という方も多くいらっしゃると思います。

 

働いている方や、好き嫌いの多い方、外食が多い方、ごはんづくりになかなか時間を掛けられない方は、サプリも活用してみましょう。
ヘム鉄のサプリや、鉄分の吸収を助けるビタミンC、ビタミンB群などのサプリがお勧めです。

 

おすすめサプリ2選!

安心サプリ「美めぐり習慣」

 フェリチン不足が心配な人にお勧めなのが

「美めぐり習慣」というサプリです。
他のサプリとの違いとして挙げられるのが、

ヘム鉄100%であること
ビタミンC、ビタミンB群、葉酸など、鉄分の吸収を助ける栄養素がたっぷり
添加物不使用でからだに本当に安心
オーガニック生姜配合でさらに血のめぐりを良くし、冷え性にも効果あり

 

安心サプリ「美めぐり習慣」

  「美めぐり習慣」は、たった5粒で一日に必要な鉄分を摂ることができます。鉄は吸収率の良いヘム鉄100%。

 しかも、鉄以外にも、鉄分の吸収を助けるビタミンC、B6、B12、葉酸が含まれているから吸収率が違います。

 

安心サプリ「美めぐり習慣」

  更に、この「美めぐり習慣」には、島根県の有機JAS認定オーガニック生姜が配合されています。

 生姜成分の働きで血流を改善し、鉄を必要な場所に届けるという考え方で作られた画期的なサプリです。

フェリチンのほとんどが血中ではなく臓器や組織に存在するため、身体の隅々まで成分が行きわたることが重要。他との違いを実感している方が多いのも納得できます。

 しかも、安心出来るサプリでありながら、一日当たりたった48円というコストパフォーマンスのよさも魅力です。毎日続けてこそ意味のあるのがサプリですから、続けやすい価格も重要ですね。

今なら初回66%OFFでお試し出来るので、気になる方はぜひ試してみて下さいね。
公式サイトで美めぐり習慣の詳細を見る

美めぐり習慣公式サイトへ

 

安心サプリ「白井田七」

 2つ目のおすすめサプリメントは、

「白井田七」というサプリです。
白井田七サプリメントの特徴はこの4つとなります。

多くの栄養素を持つ田七人参を98%、残りの2%は有機玄米を使用
葉酸、ビタミンB群、必須アミノ酸など、血液を作る栄養素がたっぷり
添加物不使用でからだに本当に安心
サポニンやフラボノイドも豊富で、肩こりや冷え解消、抗酸化作用もバツグン

 

安心サプリ「白井田七」

  「白井田七」は、美めぐり習慣のようにヘム鉄では無く、また1日の鉄分量を満たしていません。

 ですが、鉄以外の成分が豊富で、その数は200種類以上!また田七人参・有機玄米しか使用しておらず、自然な成分から鉄分を取りたい、鉄以外の栄養素もまんべんなく摂取して健康になりたいという方におすすめです。

 

安心サプリ「白井田七」

  白井田七で使用している田七人参は、日本国内で初めて田七人参の有機無農薬栽培に成功した白井さんという方の田七人参を使用しています。多くの田七人参サプリメントが中国産なのに対し、国内産・無農薬なのでカラダにとって負担が全く無いことも大きなポイントです。

 血糖値やヘモグロビンA1C値の改善にも利用される、オールマイティーなサプリメントなんです。

希少な田七人参を、添加物を使用せずにサプリメントにしているため、貧血はもちろん、身体の衰えを感じている方などにぜひ飲んでみて欲しいサプリメントです。

今なら初回23%OFFでお試し出来ます。また15日間の返金保証がありますよ。
公式サイトで白井田七の詳細を見る

白井田七公式サイトへ

 

フェリチン不足を補う飲み物(ドリンク)を活用しよう!

黄酸汁豊潤サジー

 サプリメントももちろんおすすめですが、錠剤が苦手で続けにくい、という方もいらっしゃると思います。そんな方には、鉄分や抗酸化作用がとても豊富なスーパーフルーツ、『サジー』のジュース、サジードリンクがおすすめです。

 

おすすめサジードリンクはこれ!

 サジードリンクの中でも、酸っぱさが抑えられて飲みやすいと人気のサジードリンクが、
「豊潤サジー」というサジージュースです。
豊潤サジーに使われている『サジー』の特徴は、

レバーの1.4倍もの鉄分を含んでいる
ビタミンCやビタミンE、ビタミンB群なども、他の果物に比べて圧倒的に多い
豊富なリンゴ酸やビタミンCのおかげで、非ヘム鉄でも体に吸収しやすい
抗酸化力はトマトの20倍!アンチエイジングにもOK

 

とスーパーフルーツと呼ぶに相応しい抜群の栄養素のバランスが魅力です。

 

無農薬・有機栽培

  豊潤サジーの人気の理由には、その安全性も含まれています。99.9%がサジー、残りの0.1%の甘味料も天然ハーブで、添加物を利用せず体に優しいジュースとなっています。サジーは有機栽培で、残留農薬検査もしっかり行っているので安心感が違いますね。

 

サジーのアミノ酸

  もちろん鉄分補給に最適なサジードリンクですが、アンチエイジングにもおすすめなのも嬉しいポイントです。抗酸化作用はもちろん、コラーゲンを作り出す必須アミノ酸も本当に豊富なので、美肌への効果もあります。

今なら1ヶ月分1,000円でお試し出来るので、気になる方はぜひ試してみて下さいね。

豊潤サジー公式サイトへ

 

こんな症状が起きたら早めに病院へ

 フェリチン不足はヘモグロビンの値などではわからない「潜在性鉄欠乏症」の状態。その状態になると、疲れやすさを感じるようになります。
 しっかり休んでいるつもりなのに疲れが取れない、いくら寝てもすっきり起きられないといった症状の裏にフェリチン不足が隠れている可能性があります。

 

 原因不明の疲労感が続くようであれば、病院でフェリチンの値を含む血液検査をしてもらって下さい。鉄分を多く含む食事を摂るように心がけたり、サプリで鉄分を補ったりして様子を見てみても改善されないのであれば、別の原因も考えられます。病院できちんと原因を調べてもらった方が安心です。

 

さいごに〜「鉄」の重要性〜

鉄はカラダにとっても重要!

 鉄は、血液の中においては赤血球ヘモグロビンの成分として、筋肉の中においてはミオグロビンの成分として、生命維持に欠かせない大事な働きを担う物質です。

 

 特に、脳を含む体全体に酸素を運ぶ働きは、鉄無くしては行われません。
身体中に酸素を運搬することにより、体温を維持し、成長を促進し、疲労を緩和させていますから、鉄は人が生きていく上で欠かせない重要な栄養素の1つなのです。

 

 しかし、鉄は吸収率が低いため、不足しがちな栄養素としてもトップクラスです。ですから、意識的に摂取することが大事になってきます。
鉄分は不足しがちな栄養素であることをきちんと理解し、鉄分を含む食材を意識的に摂るように心がけましょう!